2015年09月22日

遅ればせながらご報告。

またお久しぶりですこんにちわ。
前回の記事でなにやらうだうだ言いましたが、状況が変わったというか固まったのでご報告。

第56回 講談社児童文学新人賞に、佳作入選いたしました。
わーいぱちぱちぱち。
http://ehon.kodansha.co.jp/literature_award/2/2015/b.html

佳作ですから、作品の出版は約束されたものではありません。それでも、
出版することを前提にした改稿作業をすすめているところです。
編集部の方々もとてもいい人たちでした。担当になってくださった編集さんも、
とても頼りがいのある、頼もしい方です。
新人作家を「賞の箔をつけて本を売り、あとは知らない」という使い捨てでなく、
育てていくというスタンスの賞であるらしく、
出身の作家さんは高確率で二作目、三作目の刊行をしていらっしゃいます。
実は、受賞作は1年前に、違う文学賞に出品して、歯牙にもかけられなかったものです。
おそらく、古すぎる、オーソドックスすぎるスタイルの物語だったからでは?
と今なら言えるわけですが(ぶっちゃけ、売れなさそうな話という…)、
今ではそこで落とされたことを感謝しているくらいです。
そして、今回その「古すぎる、オーソドックスすぎる」という点を加味してなお、
佳作に選んでくださった講談社、審査員の先生方、そして、私の執筆活動を支えてくれた周りの人々に
感謝してもしきれない思いでいっぱいです。

同賞で見事新人賞を受賞された高橋雪子さんをまねて、出版までの記録を
ブログでつけてみようかとも考えましたが、たぶんムリポで(笑)
ただ、何か節目節目で報告記事は上げていこうと思っています。
サイトはそのままにしてありますが、たぶん更新止まりますー

改稿にあたり、正確さを期す方向に指導されました。
急きょ木曽馬の里まで車飛ばしましたー。 
木曽馬保存会のN氏、お忙しい中、取材にご協力くださりありがとうございました。







posted by 麦穂 at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 文筆業

2015年08月17日

ご無沙汰してます

こんにちわ。全く更新してませんブログ。
ツイッターではポソポソつぶやいてます。気楽に現状報告できていいですねついった。

今年はもう同人イベントは出ないかもです。出るとしたら、地元のだけかな。
11月の文学フリマも、迷いに迷って参加申し込みしませんでした。
冬コミも、もう申込書手に入らないしね!

とにかく今、スランプなのかそわそわで集中力がないだけなのか、どうにも筆が進んでいません。
ちょっと、今書いているものについては作品の方向性というか、ジャンルというか、自分でいろいろ割り切って吹っ切ってみたらうまくいくのかも!?なんて急に思いまして、ジャンル変更中というかなんというかうじうじぐだぐだしています。はい、何を言っているのかわけわからんですね。

そんでもって、豊久さん関連の催しが続きましてね。地元の方が「おいでよ」って言ってくださってですね。もうありがたくて涙出そうに嬉しいのですが、頭の中身がどうしても豊久さんに持っていかれちゃって、資料あさりもいつの間にか豊久さんに傾いちゃってですね、今書いている話の方が進まなくなるんですよう。


困った。
posted by 麦穂 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新・同人全般

2015年06月09日

とうらぶファイルー!


 今日から始まった刀剣乱舞×ファミマコラボ企画。こういうのに久々に足突っ込んだら
やっぱりいろいろ遭遇するわけで。そんなわけでブログにメモっておこう。

 会社でのおやつを買いに午後3時ころファミマ行きました。あわよくば会社の福利厚生費でとうらぶコラボファイル貰ってやる!てな不謹慎な目的(笑)
 まあ、会社の備品その他購入は事務局に任されてて、いろいろアバウトな個人経営会社なんですよバンザイ。
 最初、気が向いたら買物行こう、ってくらいの気持ちだったのが、一歩お出かけしたらゲットする気満々になっちまったぜヽ(^∀^)ノふはっはっは
 そんなわけで最寄りのファミマへ〜。お菓子買ったらファイル貰えるって聞いたんですけど!
「たった今、最後の1枚が出ちゃいました。すごい人気で、あっという間で……」
と店員さん。今、午後3時だけどね。
 最後の1枚は、外ですれ違った、にこにこして袋抱えてた女の子かなあ、なんて思ってみたり。
 ニアミスで入手できなかったとなると、悔しくなるじゃなーい? もう一か所、近くにファミマあるからそこもダメ元で寄ってみよう、と行ってみました。そこのお店の方が混んでるから多分無理…
 ところが!店員さんに訊いてみたら、三日月・子狐組を除いて3種類4枚残ってました!(左文字2、新撰組各1)。
「じゃああの辺のお菓子が対象なんですね。選んできます」って話している後ろで、他の店員さんが別のお客さんに向かって同じような説明をしているのが聞こえていました。
自分は2ファイル分のお菓子(会社で必要分のおやつだよ!)を持ってレジへ。私の相手をしてくれた店員さんは
「あちらのお客様もこれ欲しいみたいですけど、お客さん(私)の方が先なんで選んじゃってください」
とファイル立てを差しだしてくれました。
 この中から2種類なら新撰組かなーと思って手を伸ばしかけたら、背後で悲鳴にならい悲鳴。振り返ったらお菓子をたくさん抱えた女の子が……。
「……もし、どうしても欲しいファイルがあるなら、1つ先に選んでいいですよ?」
 と声かけたら、「えええ、いいんですか!」といいながらも超素早く手が伸びてきて
「私、これが欲しいんです!」と沖田組を抜き取りました。
 うん、私も、この中で一番欲しいかなー思ったのはそれだけど(笑)でも「残っていれば欲しいかな」程度の気持ちの人より、「それが欲しくて!」と素直に言える子の許へ行った方がグッズも浮かばれるというものよ。←なんだこの上から目線は
 それじゃあ、私はこれ貰いますね、と言って土方組と三文字組を貰ってきました。
 お会計の時は店員さんから、お会計後に振り返ったらその女の子に「本当にありがとうございました!」ってお礼言われました。良い子でよかった。大事にされるんだよ、沖田組。
 でもその子、大量に抱えてたお菓子を棚に返しに行ってたから、4枚全部持ってくつもりだったのかな…… 
 多少の差はあれど、刀剣男子はみんな同列に可愛いんだー。だからどのファイルでもいいし、逆にそのくらいの「欲しい」だからそこにあるもの全種類確保しよう、とか思わなかったんだよね。でも欲しいから全部は譲らん!(笑)
 あ、ちなみに、陸奥守は別ですきに。ファイルにむっちゃん入ってたら、普通に早起きしてファミマ行って自分のためのお菓子買うわ!
 ファミマロゴ読み込みでゲット! のやつは、初期刀なんですねえ。ええ、そりゃ陸奥守入手しましたよ。おかげで様で待ち受けむっちゃんにできましたですよ。 

 うーん、なんか刀剣男子って、私にとってはペット飼ってるような感覚なのかな。可愛い!いじりたい!みたいな。萌―!とか燃―! てのとは違うなあ。
 最近は2次元から離れてたから、今はとうらぶがけっこう楽しいヽ(^o^)丿
IMG_0022.JPG
posted by 麦穂 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月27日

GWが近づいてきた

あったかくなって寒くなって暑くなりましたねコンニチワ。

5月4日、東京流通センターで開催の文学フリマに出展します。
1階 D-08 です! ポスターのようなものは今回いっさいありませんの地味スペースです。
傭兵シリーズの本編3冊、豊久の女全5冊、とよめムック1冊 を持ち込みます。
もしも用意が間に合えば、手紙形式の短編もこっそり置いてみようと思ってます。

今回のイベントでは、2時半ごろには撤収開始しますので、
ご用の方はお早めにお立ち寄りくださいませ。

セリの湯豆腐食べたい……
posted by 麦穂 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新・同人全般

2015年02月25日

春が近い

 ふと気づけば素晴らしい放置っぷりブログですこんにちわ。
 こんなんですが覗いてくれている方々ありがとうございます。
 ツイッターではたまにぼそぼそつぶやいておりますよ私は元気です。

 この冬は私事ごとというか家族事でいろいろありました。
 環境が変わり、また3月〜4月にまた一つ大きく動くのか動かないのか。
 ともかく、自分のペースを確立させて次に向けてこつこつやるしかありません。

 で、今後の予定少しだけ。 メモ的に。
 ・今週末、とりあえず佐土原行くよ。 次の小説の下調べを兼ねて遊びに行きます。
 ・3月中に児童文学賞に出品
 ・できるだけ早く次の小説を書き出す。新しいもの書かないで早1年が経とうとしている…
  仕上がりは11月を目指してなんとかしよう。
 ・5月は文フリ申し込んだ! やる気補充のためにもここは行っておこう。
 
 5〜8月にかけて九州に通うことになりそう。節約して旅費出さねば。
 地元から鹿児島へ飛行機飛んでくれれば時間の節約になるのになー…
 
posted by 麦穂 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月30日

冬コミ終了

そして寒さが「痛い」信濃の国に帰国しました。在庫整理と部屋の片づけに2日かかってしまいました…

サテ、冬コミにお越しくださいました方々、ありがとうございました! 久々の冬コミ、しかも創作系分断の中で当方に足を運んでいただいてありがたい限りです。
そして売り子と荷運びにご協力くださった秋緋さん、おとうふさん、重ね重ね御礼申し上げます。
新刊とマスコットをチャレマにアップしましたのでご利用くださいませ。

これでまた、しばらくはイベントに参加しなくなると思います。イベントやらサイト管理やらの作業や前準備に取られる時間が執筆時間を圧迫するのです…
忘れられたころにこそっと出るかしら。最速で来年の冬コミか、超少部数だけ持ち込んで文フリあたりには出るかもしれません。

 誰かプロデューサーになってくれんかのう(笑)
 
私信・菊名さん
posted by 麦穂 at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 更新・同人全般

2014年12月25日

冬コミ2014

気づけば4日後とか。
 
 1日目(28日・日曜日) 西れー63b です。
 創作文芸・歴史ジャンルで、歴史・戦国九州陣営に無事配置されております。
 新刊は『豊久の女』のネタバレあり設定本。人物設定が中心になります。過去のペーパーマンガなども載せてあります。一見さんに優しくない新刊ですみませんー。

 他、今在庫を持っている創作系の本は全部持って行きます。12種類とか、机に乗せるだけで一苦労ですよー。
半委託品として、叢雲マスコット「ぶったん」もおりますぞ!
 
posted by 麦穂 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新・同人全般

2014年11月17日

歌詞の和訳2

 ご無沙汰しておりますこんにちわ。
 ブログに書くほどの長大なネタが無いのでつい放置気味。つぶやきって手軽でして…
 
 以前、シークレット・ガーデンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を和訳・意訳してみたのですが、その時にちょっと触れていた「夜明けの扉」」という歌も意訳してみました…が、ピンとこない出来に……orz
 シークレット・ガーデンは宗教的な意味合いの強い歌詞が多いのですね。できるだけ宗教色は無い方向で訳したかったのですが。
 英語得意な方、ここはこう訳すべき! とか 国語得意な方、こう解釈すればいいじゃん! 等ありましたらツッコミしてくれるとステキ。


 夜明けの扉 (シークレット・ガーデン)

私の運命の輪は、いつでも思い通りには進まない
運命に翻弄される心は、
喜びに震える魂の音色に焦がれ続ける

夜を過ごすたび、犯した罪に涙する
けれど夜明けのたび
光は未来を示して私たちを支える

つらい時でも目を上げて
彼方の光を見据えなさい
夜明けの扉に立ち
終わらない物語を見ましょう

昇る太陽にきらめく海は
人々の喜びに沸く姿のよう
目に見える力 そして目には見えない力に
私はいつも畏怖している

命のために誰が種をまき
誰が大地に実りをもたらしたの?
誰が私の姿を形作ったの? 
それは世界が生まれる前のこと?

つらい時でも目を上げて
彼方の光を見据えなさい
夜明けの扉に立ち
終わらない物語を見ましょう

困難な時こそ目を上げて
彼方の光を見据えなさい
それは 終わらない物語
私とともに
夜明けの扉に立ちましょう


The wheels of life keep turning.
Spinning without control;
The wheels of the heart keep yearning.
For the sound of the singing soul.

And nights are full with weeping.
For sins of the past we've sown;
But, tomorrow is ours for the keeping,
Tomorrow the future's shown.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

And whose is the hand who raises
The sun from the heaving sea?
The power that ever amazes'
We look, but never will see?

Who scattered the seeds so life could be,
Who coloured the fields of corn?

Who formed the mould that made me' me,
Before the world was born?

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn

posted by 麦穂 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月23日

文フリ出展のおしらっせー

 2014年11月24日開催の、第19回文学フリマに出展します。
 場所は、東京流通センター。詳しくは公式サイトでご確認ください。
ブースは2階・ウ-09 です。
 「豊久の女」文庫本全5巻は、イベント初出展となります。全巻お買い上げいただいた方には、カワイイおまけもつきますよ! 
 旧シリーズも未完のままで申し訳ないですが持っていきます。
 もし間に合えば、試作の短編も並べてみたいのですがはて。作業する暇があるかしら。
posted by 麦穂 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新・同人全般

2014年10月01日

九州行ってきた・4

4日目。

今日は佐土原で遊ぶど〜! ってことで、佐土原衆におんぶにだっこで日向佐土原を満喫。
とりあえず、ホテルの朝食で冷汁は食せねばな! 今日はお腹いっぱい食べましたよ〜。ヨーグルトが好き放題食べられるの嬉っすい。
ちょぴっとOさん宅に寄ってピアノの練習させてもらってから、天昌寺へ行ってお参り。昨日までの雨で足元が滑りすぎる! 佐土原前島津家御一同(佐土原では、佐土原藩になる前(家久・豊久の代)を「前島津」、江戸時代以降(佐土原藩・島津以久以降を「後島津」と呼んで区別しています)にごあいさつ。また遊びに来てしまいましたお邪魔しております。
 その後、Tさん宅へ。会いたかったよ〜マーブルく〜ん!!! めっさ人見知りしない木曽馬のマーブル君。極上のさわり心地の鼻の持ち主であります! 
 Tさん宅からマーブル君といっしょに佐土原城址・鶴松館へ移動。この日は休館日でしたが、前庭と後庭で遊んでいいと了解もらっております。マーブル氏を堪能させていただきましたーー!!
↓堪能中の図。
 



このこ、本当にかわいい! んもう、大好き!
ちょっとお腹のところに傷を作ってしまっていて、このブログ上げている現在も治療中なのです。早く治るといいね(;O;)
 
 さて、お昼は、隣町・高鍋のイタリアンレストランへ連れて行ってもらいました。美味しい! そして何やら美味しそうなケーキの並ぶパティスリー寄ったり、宮崎美味しい!! 
 かの耳川(耳川合戦の耳川。実際に激戦地になったのは別の川だけど・笑)を渡って、船出の温泉へ。海の見える露天風呂でまったり。秘密の女子トークもしつつ(*^m^*) 午前中の乗馬の筋肉痛の種を癒してまいりました。
 夜はOさん宅にまたお呼ばれして、ミニライブと焼き肉ぱーちーで、別のOさんともおしゃべりしたりしてあっという間に過ぎてしまった四日目。
 そいえば、佐土原城跡(山城)って1回しか登ってないんだ、私……
posted by 麦穂 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記