2016年07月19日

アシナガさん(T . T)

裏口近くにアシナガバチが巣を作りました。芋虫駆除部隊としてそのまま放置しようと思ってたら…
母が刺されました(´Д` )
ここ数年庭でみかけるアシナガさんも巣は結構小さく終わってたんですが、今年は大きいなあって思ってたんですよね。出入りが激しい場所だからどうかなあと少し心配してました。
今朝、「今日はちょっと興奮気味かも」と思って、家族には気をつけてねー。と注意したばかりだったのですが…。
帰ってきてから刺されたって報告受けて、ハチ用アースジェット買いに走りました。
駆除終了。
でも、できれば駆除したくないなあっていう思いが、今回は裏目に出ました。アシナガバチはそんなに凶暴なハチじゃないしって甘く見て、巣が小さいうちに駆除の判断をしなかったんです。おかげで母が被害に遭って、一生懸命営巣して大家族になりつつあったアシナガバチ一家を殺戮する結果に。数匹で済んだところを、おそらく3〜5倍のアシナガさんを殺虫したと思うと、申し訳ない気持ち。
共生できるラインを気極めなきゃいけませんね。

posted by 麦穂 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月28日

2016年

明けましておめでとうございますというよりも鬼は外副は内のほうが近くなってしまいました。
大寒波襲来に震えた今週です。みなさまいかがおすごしですか。

改稿作業はひと段落しています。次の作品も「これでいきましょうか」というGOサイン(仮)をいただきましたので、ぼちぼち書き始めています。
とはいえ、締め切りの設定もされていない状態ですので、あくまで(仮)です。
舞台が現代のもの書くの初めてかなあ。
いや、短編ミステリー(ごく一部のひとしか知らないやつ。)で性格曲がった人々書いたか。
今年中に、複数のお話を書き上げることが目標です。

具体的なことが言えなくてもにょもにょするのですが、今年の6月頃に本が刊行されるもようです。
デビューですよデビュー! 2冊目以降もなんとか出してもらえるようこぎつけたいところ。
装画師さんも、正式に決まっています。どんなんなるのかなー!!

ほんと、ブログってお休みしだすと何書いていいかわからなくなります。
posted by 麦穂 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月06日

後見人の横領…

後見人が資産を横領の件。
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220151002572/
おいおいおい〜って思ったので、読みやすさ無視で書き殴りますがあしからず。
文中、単語の間の変なスペースは検索除け。


まず、専門職が後 見 人になるには、家 庭裁 判 所に審判で任命されなければいけません。その後、基本1年に1回、財 産状況の報告書を家裁に提出する義務があるのです。このほかにも、大きな資産を処分するときには相応の理由が必要で、これまた裁判所の許可が必要。
嘘の報告書出しても通帳写などの証拠添付が必要だから隠せないし、よっぽど高い証拠捏造技術を発揮してるとしても、そんなことしてる暇ないでしょって思うし(本当に仕事こなくて暇なのか?)。
だいいち、この記事の弁護士は発覚の仕方が「施設の利用費の引き落としができなくなって」って、
どんだけザルなんですかって思います。まあ、脳みそがお天気でザルだから後 見業 務で横領なんてやるわけであって(そしてザルなので横領が露見したあとの転落、社会的制裁のすさまじさを予見できないらしい)、大半の専門職の人は脳みそお天気でもザルでもありませんよ。
ちなみに、脳みそがお天気であっても、ザルじゃなければ、横領するとしても、不自然じゃない程度の金額を不自然じゃない収支と混ぜてこっそりちょこちょことやるんじゃないかな。まあ、これも悪質で許せませんし、少なからずありそう、とは正直思います。
以前もTwitterで書いたことありますけど、グラフ見てもわかるとおり、被後 見人の財産を横領したり使いこんだりするのは9割近くが親族なんです!「頼れるのはやっぱり家族や友人」なんてつぶやきしている人、気をつけて。
 もちろん、被後 見 人の財産をあてにしなければ生活できなくて、仕方なく(もしくは無意識に・ダメとは知らずに)使っちゃう人もいて、難しい問題ではあります。でも、ほんとに、親族にひどい搾取されてる人はザラで、ザラすぎていやになる。
 そして、被後 見人は後 見人を扶養・援助する義務は無い。これ大事。勘違いしてる親族多すぎ。
 後 見人にはきちんと「後 見業 務の報酬」が支払われます。裁判所に1年間の後 見業 務の報告をして、それに見合った報酬を、被後 見人の財産からもらうわけです。親 族後 見にありがちな「面倒見て、面倒な手続きや管理を全部やってあげてるんだから、お小遣いや生活費の援助してくれたっていいじゃない」はアウトです。お小遣い=裁判所の報 酬決 定に基づく報酬 でがまんしてください。

 とにかく、脳みそお天気やハイスペック文書偽造をしている暇すぎる人はほんとのほんとに一握りであって、大半の弁護士・司法書士はきちんと後 見 業務をしています。
 むしろ後 見業 務ってメンドイ部類だけどまじめにやってるよ。それでも、一握りのお天気脳が悪事をはたらくかぎり、被害が小さなうちに発見できる監視体制もしくは徹底した倫理教育が必要なことはたしかでしょう。ひとにぎりのあほうのために莫大な資金と労力が必要。
posted by 麦穂 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月09日

とうらぶファイルー!


 今日から始まった刀剣乱舞×ファミマコラボ企画。こういうのに久々に足突っ込んだら
やっぱりいろいろ遭遇するわけで。そんなわけでブログにメモっておこう。

 会社でのおやつを買いに午後3時ころファミマ行きました。あわよくば会社の福利厚生費でとうらぶコラボファイル貰ってやる!てな不謹慎な目的(笑)
 まあ、会社の備品その他購入は事務局に任されてて、いろいろアバウトな個人経営会社なんですよバンザイ。
 最初、気が向いたら買物行こう、ってくらいの気持ちだったのが、一歩お出かけしたらゲットする気満々になっちまったぜヽ(^∀^)ノふはっはっは
 そんなわけで最寄りのファミマへ〜。お菓子買ったらファイル貰えるって聞いたんですけど!
「たった今、最後の1枚が出ちゃいました。すごい人気で、あっという間で……」
と店員さん。今、午後3時だけどね。
 最後の1枚は、外ですれ違った、にこにこして袋抱えてた女の子かなあ、なんて思ってみたり。
 ニアミスで入手できなかったとなると、悔しくなるじゃなーい? もう一か所、近くにファミマあるからそこもダメ元で寄ってみよう、と行ってみました。そこのお店の方が混んでるから多分無理…
 ところが!店員さんに訊いてみたら、三日月・子狐組を除いて3種類4枚残ってました!(左文字2、新撰組各1)。
「じゃああの辺のお菓子が対象なんですね。選んできます」って話している後ろで、他の店員さんが別のお客さんに向かって同じような説明をしているのが聞こえていました。
自分は2ファイル分のお菓子(会社で必要分のおやつだよ!)を持ってレジへ。私の相手をしてくれた店員さんは
「あちらのお客様もこれ欲しいみたいですけど、お客さん(私)の方が先なんで選んじゃってください」
とファイル立てを差しだしてくれました。
 この中から2種類なら新撰組かなーと思って手を伸ばしかけたら、背後で悲鳴にならい悲鳴。振り返ったらお菓子をたくさん抱えた女の子が……。
「……もし、どうしても欲しいファイルがあるなら、1つ先に選んでいいですよ?」
 と声かけたら、「えええ、いいんですか!」といいながらも超素早く手が伸びてきて
「私、これが欲しいんです!」と沖田組を抜き取りました。
 うん、私も、この中で一番欲しいかなー思ったのはそれだけど(笑)でも「残っていれば欲しいかな」程度の気持ちの人より、「それが欲しくて!」と素直に言える子の許へ行った方がグッズも浮かばれるというものよ。←なんだこの上から目線は
 それじゃあ、私はこれ貰いますね、と言って土方組と三文字組を貰ってきました。
 お会計の時は店員さんから、お会計後に振り返ったらその女の子に「本当にありがとうございました!」ってお礼言われました。良い子でよかった。大事にされるんだよ、沖田組。
 でもその子、大量に抱えてたお菓子を棚に返しに行ってたから、4枚全部持ってくつもりだったのかな…… 
 多少の差はあれど、刀剣男子はみんな同列に可愛いんだー。だからどのファイルでもいいし、逆にそのくらいの「欲しい」だからそこにあるもの全種類確保しよう、とか思わなかったんだよね。でも欲しいから全部は譲らん!(笑)
 あ、ちなみに、陸奥守は別ですきに。ファイルにむっちゃん入ってたら、普通に早起きしてファミマ行って自分のためのお菓子買うわ!
 ファミマロゴ読み込みでゲット! のやつは、初期刀なんですねえ。ええ、そりゃ陸奥守入手しましたよ。おかげで様で待ち受けむっちゃんにできましたですよ。 

 うーん、なんか刀剣男子って、私にとってはペット飼ってるような感覚なのかな。可愛い!いじりたい!みたいな。萌―!とか燃―! てのとは違うなあ。
 最近は2次元から離れてたから、今はとうらぶがけっこう楽しいヽ(^o^)丿
IMG_0022.JPG
posted by 麦穂 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月25日

春が近い

 ふと気づけば素晴らしい放置っぷりブログですこんにちわ。
 こんなんですが覗いてくれている方々ありがとうございます。
 ツイッターではたまにぼそぼそつぶやいておりますよ私は元気です。

 この冬は私事ごとというか家族事でいろいろありました。
 環境が変わり、また3月〜4月にまた一つ大きく動くのか動かないのか。
 ともかく、自分のペースを確立させて次に向けてこつこつやるしかありません。

 で、今後の予定少しだけ。 メモ的に。
 ・今週末、とりあえず佐土原行くよ。 次の小説の下調べを兼ねて遊びに行きます。
 ・3月中に児童文学賞に出品
 ・できるだけ早く次の小説を書き出す。新しいもの書かないで早1年が経とうとしている…
  仕上がりは11月を目指してなんとかしよう。
 ・5月は文フリ申し込んだ! やる気補充のためにもここは行っておこう。
 
 5〜8月にかけて九州に通うことになりそう。節約して旅費出さねば。
 地元から鹿児島へ飛行機飛んでくれれば時間の節約になるのになー…
 
posted by 麦穂 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月17日

歌詞の和訳2

 ご無沙汰しておりますこんにちわ。
 ブログに書くほどの長大なネタが無いのでつい放置気味。つぶやきって手軽でして…
 
 以前、シークレット・ガーデンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を和訳・意訳してみたのですが、その時にちょっと触れていた「夜明けの扉」」という歌も意訳してみました…が、ピンとこない出来に……orz
 シークレット・ガーデンは宗教的な意味合いの強い歌詞が多いのですね。できるだけ宗教色は無い方向で訳したかったのですが。
 英語得意な方、ここはこう訳すべき! とか 国語得意な方、こう解釈すればいいじゃん! 等ありましたらツッコミしてくれるとステキ。


 夜明けの扉 (シークレット・ガーデン)

私の運命の輪は、いつでも思い通りには進まない
運命に翻弄される心は、
喜びに震える魂の音色に焦がれ続ける

夜を過ごすたび、犯した罪に涙する
けれど夜明けのたび
光は未来を示して私たちを支える

つらい時でも目を上げて
彼方の光を見据えなさい
夜明けの扉に立ち
終わらない物語を見ましょう

昇る太陽にきらめく海は
人々の喜びに沸く姿のよう
目に見える力 そして目には見えない力に
私はいつも畏怖している

命のために誰が種をまき
誰が大地に実りをもたらしたの?
誰が私の姿を形作ったの? 
それは世界が生まれる前のこと?

つらい時でも目を上げて
彼方の光を見据えなさい
夜明けの扉に立ち
終わらない物語を見ましょう

困難な時こそ目を上げて
彼方の光を見据えなさい
それは 終わらない物語
私とともに
夜明けの扉に立ちましょう


The wheels of life keep turning.
Spinning without control;
The wheels of the heart keep yearning.
For the sound of the singing soul.

And nights are full with weeping.
For sins of the past we've sown;
But, tomorrow is ours for the keeping,
Tomorrow the future's shown.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

And whose is the hand who raises
The sun from the heaving sea?
The power that ever amazes'
We look, but never will see?

Who scattered the seeds so life could be,
Who coloured the fields of corn?

Who formed the mould that made me' me,
Before the world was born?

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn.

Lift your eyes and see the glory.
Where the circle of life is drawn;
See the never-ending story,
Come with me to the Gates of Dawn

posted by 麦穂 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月01日

九州行ってきた・4

4日目。

今日は佐土原で遊ぶど〜! ってことで、佐土原衆におんぶにだっこで日向佐土原を満喫。
とりあえず、ホテルの朝食で冷汁は食せねばな! 今日はお腹いっぱい食べましたよ〜。ヨーグルトが好き放題食べられるの嬉っすい。
ちょぴっとOさん宅に寄ってピアノの練習させてもらってから、天昌寺へ行ってお参り。昨日までの雨で足元が滑りすぎる! 佐土原前島津家御一同(佐土原では、佐土原藩になる前(家久・豊久の代)を「前島津」、江戸時代以降(佐土原藩・島津以久以降を「後島津」と呼んで区別しています)にごあいさつ。また遊びに来てしまいましたお邪魔しております。
 その後、Tさん宅へ。会いたかったよ〜マーブルく〜ん!!! めっさ人見知りしない木曽馬のマーブル君。極上のさわり心地の鼻の持ち主であります! 
 Tさん宅からマーブル君といっしょに佐土原城址・鶴松館へ移動。この日は休館日でしたが、前庭と後庭で遊んでいいと了解もらっております。マーブル氏を堪能させていただきましたーー!!
↓堪能中の図。
 



このこ、本当にかわいい! んもう、大好き!
ちょっとお腹のところに傷を作ってしまっていて、このブログ上げている現在も治療中なのです。早く治るといいね(;O;)
 
 さて、お昼は、隣町・高鍋のイタリアンレストランへ連れて行ってもらいました。美味しい! そして何やら美味しそうなケーキの並ぶパティスリー寄ったり、宮崎美味しい!! 
 かの耳川(耳川合戦の耳川。実際に激戦地になったのは別の川だけど・笑)を渡って、船出の温泉へ。海の見える露天風呂でまったり。秘密の女子トークもしつつ(*^m^*) 午前中の乗馬の筋肉痛の種を癒してまいりました。
 夜はOさん宅にまたお呼ばれして、ミニライブと焼き肉ぱーちーで、別のOさんともおしゃべりしたりしてあっという間に過ぎてしまった四日目。
 そいえば、佐土原城跡(山城)って1回しか登ってないんだ、私……
posted by 麦穂 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月29日

九州行ってきた・3-1

3日目。
薩摩川内駅前のホテルに宿泊。スポーツ大会か何かの高校生集団もご宿泊で、朝食が大変だった\(゜ロ\)(/ロ゜)/ もうちょっと食べたかったんだけど、おかわりできる雰囲気ではなく。 
相席になった女性お二人。お墓参りに帰省中だそうです。
「薩摩川内には観光スポットもなくて、最近の話題は原発ばかり。何を見にいらしたんですか」
と訊かれたので、昨日の桐野先生の講演のこと等を話して「小説の取材も兼ねてます」とかっこつけてみた(笑)
持っていたトヨメを贈呈。名刺渡し忘れたので、多分もうお話しすることもなさそうですが…

 さて、この日は鹿児島史跡に超詳しい某方が行きたい史跡をご案内してくださるありがたい日! まっこてあいがとうございおいもした〜!!
 私からのリクエストは、@串木野城跡(豊久さん生誕地!) A町田家墓地 です。それならと、伊集院周辺の史跡も追加していただき、いざ出発。
 串木野城跡は、地元の人もほとんど知らないところ。以前串木野に来た時には、駅員さんも誰も知らず、たどりつけませんでした…。
 そして串木野城のふもと。周辺案内によると、大中公(島津貴久のこと)供養塔もあるということでそちらも回ってもらう。あと、幕末の凄い人のお墓もあったのですが、すみません、誰だかわからない人でした…(そして説明してもらったのに忘れる。幕末って興味無いから頭から抜ける…すみません…)
串木野城遠景。


クールを装っていましたが、案内人様に「豊久はここで生まれたんですかねえー」と話を振られてどっきーん! 生誕地を前にニヤケそうですよ(;一∀一)
そして、貴久公供養塔。


そして日置市伊集院町へ移動。


ここで義久大兄者のおぐしがサヨナラしたのですね(;O;)
出家名は「龍伯」が有名ですが、剃髪した直後(秀吉に会いに行った時)は「日幽」といったそうです。消え入りそうな名前(;_:)
そして、伊集院駅前の義弘伯父上の勇姿! 実際はこんなに勇ましく賽は振れなかっただろうけどねヽ(^o^)丿


この後、町田家墓所へ。町田家は島津家臣の名家。お目当ては町田久幸室のお墓でしたが、見つかりませんでした。町田久幸の妻になる前は、島津豊久の妻だった女性。お会いしたかったのですが…
江戸時代中期以降のお墓しかありませんでした。残念。
 そしてばびゅーんと鹿児島へ。途中、参勤交代に使われた旧道のくねくね坂を通りつつ、松原神社へ。貴久公菩提寺のはずなのに、貴久に関するものは何ものこっていない寂しさ… でも、松原神社のちょっとすごい秘密を教えてもらいました。うふふふふ。
ここで、久しぶりに御朱印をいただきました。島津系神社が増えていく〜(^m^)
ここで3日目前半終了。 案内人様×2には感謝!感激! ありがとうございました!!
3日目後半へ続く。
posted by 麦穂 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月26日

九州行ってきた・2

2日目。
昨晩、私が山積みにされていた山太郎ガニを面白がっていたおかげで、朝食に
「これが山太郎ガニで出汁とったおつゆだよ」と特別に出してくだされた。もっと泥臭いかと思ったけど、そうでもない。タニシ汁で泥臭いの慣れてるせいか!? 美味しかった! エビ出汁とも違うし、独特の風味。
 朝食を美味しくいただき、町内マップを元に場所をだいたい教えてもらって、ぽんぽこを出発。お世話になりました。
 最初に目指したのは、「梅君ヶ城跡」。地図で印のあるあたりに行ってみても、大きな路からは看板も無い。しばらく周りをぐるぐる…… 民家の間の道を「ここかな?」と適当に上ってみたらあった! 


 

 
 この城には、豊臣秀吉が九州陣の折、宿泊した城の一つとされています。そのとき、この城の屏風絵を切り取って盗んだ小姓がいた。それを返還するよう求めたところ、秀吉は小姓の腕を切り落として屏風絵と一緒に送り返してきたんだそう。 九州陣のころ、梅君はこの城にいたのかなあ?

 そして秀吉が陣を敷いたという「太閤陣跡」も近くでしたが無視して(笑) 大石神社に向かいました。
大石神社は金吾様こと歳久さんを祭っている神社。一度は途切れてしまった奉納舞・金吾様踊りを、地域活性化や伝統文化継承の観点から復活させて3年目…くらいでしたっけ。ちょうどお祭りの前日でした。







小雨の降る中、皆様いっしょうけんめい準備していました。忙しそうなので話かけるのやめて、写真だけとってお参りして移動。 
わりとすぐ近くに、こんな立派な滝が。



今日は薩摩川内市に向かいますので、そろそろ移動を開始…と思いましたが、焼酎「金吾さあ」がどうしても欲しくて、大石神社近くの商店に戻ってみた。あったよ! そうしたら、そこへ偶然にも金吾様踊り実行委員長さんが来店! ちょぴっとですがお話し伺うことができました。
 焼酎も手に入れたし、さつま町市街地へ向かいます。さつま町での残りの目的地は、とりあえず「島津歳久供養塔郡」と、宮之城島津家墓地です。虎居城跡は通りかかればいいか、くらいの感じでうろうろ。
 歳久さん供養塔郡が見つからない…!! 町内マップ、もう少し細かく載せてほしいわ(T_T) 神社がちらほら見えていたので、楠神社や八坂神社に車をとめて周辺を歩き回り。ちょっとあきらめかけましたが、この小道を行ってみよう! と行ってみたらありましたっ! ちょっと自分で自分を褒めた瞬間ヽ(^o^)丿


場所としては、「宮乃口公民館」の向かい側でした。行きたい方、楠神社前に車停めて歩くといいよ!
金吾さあって本当に慕われてるなあ… って雰囲気で、ほのぼの。
 そして今度は分かりやすいよ!宮之城歴史資料センター裏の、宮之城島津家墓地へ。
お目当ては島津忠長(ただたけ)墓所です。猛将ってイメージの忠長さんでしたが、お墓は予想を裏切って可愛かった…! 狛犬を可愛いと表現してよいかわかりませんが。


 
 今思えば、もうちょっとさつま町内をうろうろできたのですが、薩摩川内の講演会に遅れては困る、と思ってグッバイさつま町。 山中の田舎町ですが、雰囲気のいい町です。変な「さびれた」「過疎化進行」っていう雰囲気があまり感じられないのです。市街地よりも郊外の方が元気なイメージでした。金吾様祭の前日だったせいかな(*^_^*)
 
 そして移動。途中でちょぴっと回り道して道の駅。
 

 そして薩摩川内市・国際交流センターへ!
 桐野作人先生の歴史講演会を拝聴。メインテーマは「秀吉の九州南限地はどこか」…かと思いますが、いろいろなお話しが出てきました。個人的にはもっと歳久さんの話も出てほしかったですが、なにせ記録の少ない人ですからねー。 とにかく講演、面白かったです!
 出水市郷土会の方に交じって、桐野先生ともちょっとお話しできました。ありがとうございました〜!

 そうして九州2日目終了。本格的な雨には降られず、史跡めぐりできてよかったよかった! な一日。
posted by 麦穂 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月25日

九州行ってきた・1

ツイッター始めるとブログ更新しなくなるっていうけどまさに。
出かけてもその場でレポート的につぶやくとそれで満足しちゃうんですよねー。
でもツイッターだと流れていって自分でも探すの大変になるから、まとめメモ的にここに並べておきます。

 1日目:今回は羽田から。やっぱANAは乗り心地いい。ジェットスターは短時間だから耐えられるけど、座席の頭部分がなんであんなに出っ張ってるんだろ?座っても首を突き出すような姿勢になるからすごく気い持ち悪いんだけど…… 猫背の人が多いと思ってるのか!?
 それはさておき、到着後姶良市の重富・岩剣城近くへ移動。すごい雨… ちょっとしたご縁でお知り合いになった方のお宅でお茶をいただく。ものすごい素敵なお宅で、ハイセンス! 綿花が枝ごとぐわーって生けてあったり、お箸置きが一輪ざしだったり。個人的にはヒガンバナが生けてあったのがすごく嬉しかった。
 2時間ほどお邪魔したあと、さつま町へ移動。
 宮之城温泉の小さな宿。湯宿「ぽんぽこ」さんです。とっても親切な御主人と奥様で、沢ガニの一種・太郎カニ(だったと思う・ウロ憶え。資料は持ってるから!)のお話しを聞いたり、さつま町内マップをもらったりといろいろ。温泉も女湯貸切〜♪ ぬる湯で、ちょっと寒かった(笑)ですが、長湯して出たらぽかぽかでした。 そしてツイッタで決意表明をしておやすみなさい。 


1日目終了。
posted by 麦穂 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月15日

まさかねえ……


 いや、多少のというか、漫然とした不安はあったのですよ。でもそれがいよいよ現実になってしまいました。
 あ"〜〜全く、テレビの向こうで聞くようなセリフを並べたておってからに。現実世界で、身の回りでそいうセリフ聞かされる(又聞きだけど)ことになるとは思わなかったぜい。
 
 ほんの数日で、環境が激変しました。ペースがつかめて落ちつくまでにどれくらいかかるかわかりませんが、しばらくは創作も難しいかも……でも、その気になれば書くだけならできそうとか、かえって時間区切って集中してが〜〜っとできそうとか、いろいろぐちゃぐちゃ考えているところです。
 きっと、「次これ書くしか!」みたいなものが降ってきたらなんだかんだ言いながらやるんだろうな(笑)
なんだ、まだまだ余裕じゃ〜ん。 とりあえず、すでに予定に入れてしまった九州旅行は決行しますよ。今週末からだし! お友達とお馬と温泉で癒されてくる〜( ;∀;)ノシヨロ



 

 メッセージレス!
posted by 麦穂 at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月24日

ウマとモロコシ(8/25コメレス追記)


 今日は木曽方面へドライブ。
 当初は3人の予定だったのに、おかしいな、孤独のrunawayだぜ(逃げてない)
 いや、みなさま体調不良でした。 私もびみょんに不良気味だったので小一時間迷ったあげくに出発。 うんむ、意外に遠いよね。 とりあえず木曽日義の道の駅



 トウモロコシが旬ですねー。蒸したモロコシ売ってるww 生でももちろん売ってる。「生食できます」って売ってる。確かに生でも食べられる甘さと味だけども、まあ生食目当てで買う人はおるまいよ(笑)
 そして水マニアと言われたことのあるこの私をあざ笑うかのような水の出ない蛇口!!
 

ねえ、これひどいと思わない? ひどいわよね!? それとも蛇口ひねりっぱなしにする不届きものが大勢で多結果か! 
 そして木曽馬の里へ。
 一番たくさん放牧されているまきばの柵のところで、ずうっと見てたら(怖がらせるのでガン見はしないように)だんだん近づいてきてくれた。あくまでも「いや、足元のワラ食べてるだけだから」みたいな様子で、少しずつ。最終的には触らせてくれるところまで来てくれました。そこで初めて柵の外の青草とってあげた( *´艸`)


 ここの木曽馬たちも、人間慣れしています。手から直接草を食べる時も、ちゃんとかまないように気を付けてるのが分かります。小さな柵に入っている子は、観光客が青草とってくれるのわかってるから愛想のいいこと(笑)
 


 さて、乗馬はここではなくて、トレッキングセンターへ行くんだよーと出発。だがしかし。たどり着いてみたら「本日休業」だとう!? 日曜日よ!? なぜ!!!
 これで一気にやる気その他全部ふっとんだ。急激に頭も痛くなってくるし眠くなってくるし、市街地で開催されている「手仕事市」なるものも行ってみて馬グッズとかないかなーなんてぶらつくつもりだったのも面倒くさくなって帰ることにした"(-""-)" ええ、営業日の確認せずに来た私が悪いんですけど! くっそー。
 帰りは適当なファーマーズショップで開田高原自慢のトウモロコシを買ってきましたとも。美味しかったけどさ! 
 前回、寄ってみてめちゃくちゃ美味しいシュトーレンを売っていたパン屋さんも臨時休業だったし。手仕事市関係で市街地行っちゃったかな?

コメレス
posted by 麦穂 at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月11日

レス(*'ω'*)

>菊名さま おおう、驚かせました(´・ω・`) メルフォも拍手のようにお気軽にお使いください!
冬の海辺は申込み予定ですが、菊名さんは冬はお出かけにならにことが多かったように記憶しておりますが、また遊びにいらしてくださいませ〜。商業には遠い道のりですがちまちま頑張りまっす! 作品追っかけしてくださりありがとうございます〜!!
posted by 麦穂 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月08日

今日の『選択』 8/11追記

本日の『英雄たちの選択』は大坂夏の陣の真田幸村。
なんか、コメンテーターが盛り上がってましたねー。みんな口揃えて「幸村には政治センスがない」って……( ;∀;) いや、否定しないが。 
 んで、選択肢上げて、「私はこの選択がベストだと思う」って意見を言い合うコーナー。いつもはそれぞれの専門分野から、「私だったらこれを選びます」みたいなことを言うのに、今日は『幸村はこういう人間だからこれ一択でしょ』っていうコメントまみれで笑ったですよ。誰かが『こういう選択をとればこういう手がある』って発言しても、ほかの人々が「幸村には政治センスないですから。そこまで読んで選べませんから(要約)」って言って却下しちゃうんだものwwww
 ちょっとツイッターでつぶやいた、知名度:「日ノ本一の兵」って言葉>>>家久(言った人)に、今回また拍車をかけてくれてました。「日本一の兵(薩摩旧記雑録)」だってさ。「薩摩藩初代藩主・島津家久は、真田幸村をしてこう記した」くらい言ってあげて(笑)

うん、ちょうどよく幸村の話題たぞ!

岳の相棒さま>スマホでも幸村になってましたかー。モバイルだと全く変化ありません。岳の道をさかのぼってやってくるぶったん。楽しみです(^◇^)ノシ ハヨオイデ〜 
あ、叢雲マスコットは平仮名で「ぶったん」と命名させていただきまする!


8/11追記。家久修正!
posted by 麦穂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月01日

コメレス

黒霧島於一さま> おおおお、龍伯様お膝元の方ですか! 鶴松館でご購入いただいたとのこと、ありがとうございました! 5巻まとめて一気読みとは、嬉しいお言葉です。 亀寿や久保公、メインではないものの個人的にとても気になる方々で、地元の方に「魅力的」と言っていただけたのは、私にとってこれ以上ないご褒美です(*'ω'*)ヤッタネ!!
とにもかくにも、楽しく読んでいただいた上にこうして感想まで下さったこと、心より感謝いたします。
まだまだ戦国島津は魅力的な題材がたくさんで、まだまだ取材したりないかごんまであります。訪鹿の際は富隅方面も立ち寄りたいと思っています(佐土原衆より情報が回ってきました・笑)ので、宜しくお願い致します!
  
posted by 麦穂 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月28日

コメレス

安曇いさ様> こちらこそご無沙汰しております。アマゾンからご購入くださりありがとうございました!豊久公のお膝元の方々には本当に良くしていただいております。すごく不思議でうれしい「縁」がたくさんの作品となりました。思い返せば、豊久さんを好きにならなければいささんとも全くご縁が無かったところですよね!
 完結祝いもありがとうございます〜! はい、シメは隠れ主人公的な「あん方」でした(^v^) わざわざお言葉かけに来てくださってありがとうございました。 

岳の相棒さま> リアル佐土原衆(笑) いろいろとご尽力感謝しております! 現地の方々にも受け入れてもらえた事は、私にとっても何よりも嬉しいことの一つです。 トヨメムック、作れたらいいんですけどね〜(*^。^*) ネタが揃えられたら、以前出した設定本から転用しながら何か作りたいとは思っています。
posted by 麦穂 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月24日

宣伝続いてますが(*・・*)

 トヨメが島津豊久公のお膝元でも購入できるようになりました! 万歳!
 <その1 宮崎県宮崎市佐土原町>
 佐土原城址、「鶴松館」にて。郷土資料館も隣接しています。入館料、観覧料は無料なので気軽に遊びに行ってみてください。本を販売している団体は「鶴松館ボランティアガイド会」様です。鶴松館にいるスタッフさんに声かけてもらえれば大丈夫です。
 そしてなんと、こちらで全巻購入していただくと素敵すぎるおまけが……!!



 九州地方の方もそうでない方も、是非是非、佐土原に足を運んでみてくださいませ! 佐土原いいところ!

<その2  鹿児島県日置市吹上町永吉>
 こちらは、永吉南郷会という郷土顕彰団体の会長さんが個人で扱って下さっています。
 永吉にある「天昌寺跡」(豊久公はじめ、永吉島津家の菩提寺跡)の墓地入口に連絡先が掲示してありまして、会長さんが御在宅であれば永吉地区の案内マップ等を届けて下さいます。
 御在宅なら……という感じなので確実ではありません。永吉地区は景観も良くて史跡もたくさんあります。サイクリングやウォーキングも楽しい所ですから、是非お出かけください!

 佐土原も永吉も、あくまで地元の方々のご厚意で頒布していただいております。
 史跡・施設訪問の際は同人イベントのようなノリはお控えくださいね。 
posted by 麦穂 at 13:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月20日

トヨメが全巻そろいました

連載ブログのほうでは告知済み(http://toyome.sblo.jp/article/96923237.html)でしたが、拙著がアマゾンで取扱い開始いたしました。
「島津豊久」で検索してもらえればかなり上位に出てきます!
自家通販もちろん行っておりますので、お気軽な方をご利用くださいませ。

 イベントは、文フリと冬コミ、2つ出る予定です。 他はあまり考えていません。
イベント行くと結局準備作業で何週間かとられちゃうので・・・

 いろいろ事務作業が終了したら、とりあえずは馬乗りと関ヶ原行きたいです。高原トレッキングも行きたいー。
posted by 麦穂 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月30日

全滅じゃー(7/3拍手レス追記)

 
 公募に出品していた作品が3作。今日最後の1作の結果発表でしたが、かすりもしてませんでした。1次選考落ちとか、ダメダメじゃん!!

 1次選考で落ちちゃうと、何が悪いのか全く分からないのがネックです。
 受賞作その他、タイトルや講評を読んで思ったのが、今回の出品作とはカラーが違いすぎるということでしょうか。出品前までは「この賞でも選考対象にされる内容のはず!」という訳の分らん自信みたいなものがあったのですが。ががががが。
 出品先間違えたかな……、というよりも、今回の作品は出品先が無いように思えてきた。書きたいテーマを決めて、さらに出品する公募を決めて、ある程度その賞のカラーや傾向に併せて書かなければだめなのですが、今のところそういう「媚(嫌な意味でとらないでね)」が上手くできていないです。プロを目指すなら、ある程度クライアントの意向を酌みつつそれに合わせた作品が書けなければダメでしょう。
 分かってはいるのですが、そこが難しいーー。

 作品傾向が明後日方向で落ちたのならともかく、完全なる力不足で落ちてる可能性もあるんですよねー。小説書きましょう講座とか行かなきゃ、ここは良い、ここはダメ、な的を射た講評は受けられないものでしょうかねえ。

 まあ、ゆっくりちまちま書き続けていきます。


拍手レス
posted by 麦穂 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月23日

拍手レス

拍手レス。 

>岳の相棒さま
posted by 麦穂 at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記