2017年05月29日

ルージュ・ピエールドゥロンサール(2)

苗を植え付けてから1カ月半。(植え付け時の記事 ルージュ・ピエールドゥロンサール(1)

シュートを伸ばして蕾を付けてくれました。太い枝3本のてっぺんにそれぞれ赤い蕾がひとつずつ。
枝の先に5個くらいずつつぼみがついたエンピツほどの太さの枝が3本ほど。(蕾は摘んで一枝3個以下になるようにしました。)
 日に日に大きくなっていく蕾。ぷっくり膨らんで赤くなってきたある朝。
 一つの蕾が虫に食べられて穴が開いていた!
 周辺を探しても犯人は見つからず。その日は穴あきの蕾を取り除きました。
 そして翌朝。 またしても!! 隣の枝のいい蕾みぽっかり穴!
image2.JPG

 これは確実にヨトウムシなどの夜間に出てくる虫。このつぼみは摘み取らず、このままおいてみることに。
 夜、また食べに出てきても同じ蕾を食べるかも…
 そしてこの日の夜10時半すぎ。ふと思い出してパトロールに外に出ました。
 そしたら、いたよ、犯人が!!!私の小指と同じくらいの太さ・長さのグレーの芋虫が、つぼみに頭を突っ込んで食べてる!!! しかも、隣の枝の新しいつぼみでお食事中。
 ぎやああああああああ!!! なにしてるかおまえーーー!!!
 とわしづかみにして道路に放り投げてしまった……
 母にそう話したら、「踏んでないの!? 車に轢かれなきゃ戻ってきてまた食べられちゃうでしょ。あなたバカなの!?」
と言われorz 道路に探しに行って、昇天させてきました(母が)
 あのサイズの芋虫を踏みつぶすことより、素手でつかむほうがよっぽど気持ち悪いって言われたorz

1日1蕾ずつ食害されて、立派な蕾が3つダメにされました。2つは切り取らずにそのまま。
 穴あきでもいいから、開いてくれないかなあ…
image1.JPG

奇しくも、たっぷりと何重にもなっている花びら見える蕾の断面を見ることができましたとさ。


posted by 麦穂 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2017年05月22日

薔薇の開花(2017)

一足早く咲き始めたのは、「のぞみ」。今のところはぽつんぽつんと咲いているだけです。
約一週間前の様子。
のぞみちゃんのツイート


訂正ツイート入れてますが、「姪御さんのためのバラ」ですね。

続いて咲いたのが、アルベリック・バルビエ。開花は5月20日の夕方から。
バルビエ咲いたツイート

今日の夕方にはあと3つは咲きそう。
なお、バルビエを地におろしたときの記事はこちら アルベリック・バルビエ(1)

そして今朝、開花がはじまったのがベビーマスケラード。
開花の様子ツイート1
開花の様子ツイート2

これは花壇に地植えの親株のほう。挿し木にしたほうは、なんとか生き延びて
いまつぼみがついています。大きな株にする気が無いので、もう今年から
咲かせる予定。咲いたらまた紹介します!(たぶん)
posted by 麦穂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2017年05月12日

テントウムシ

今年はアケビもバラも、今のところアブラムシがあまりいません。
アブラムシを一手に引き受けているのはユキヤナギ。それこそもうビッシリコッテリウジャウジャ。
今年はどうしてもバラジャム作ってみたいので、庭に消毒液殺虫剤を撒きたくないし、アブラムシで木が枯れるところまで行くこともないので我慢してました。
そうしたら、アブラムシ大発生から少し遅れて、テントウムシがやってきました。しかもたくさん!
ナミテントウが中心です。ナナホシも少し、模様がわりともチラホラ。
image1.JPG

image2.JPG

image3.JPG

卵も発見。何箇所にもあったよ
image4.JPG

テントウムシ大発生まちがいなし。
やったね。


オマケ。裏庭で、ひっそり羽化していたチョウチョ。クロアゲハらしい。この30分後くらいにはもういませんでした。分かりづらいですが、チョウの右上にサナギの殻があります。
image5.JPG

この場所の数メートル側にサンショウの木があるので、その木で育った幼虫がここに移動してサナギになったのでしょう。無事に旅立ててよかったね。


posted by 麦穂 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2017年04月17日

2017/4/17のお庭

今年は暖冬だったわりに2月〜3月に冷え込んで、草木の動き出しが遅かったです。

元から庭にあって越冬して咲き出したお花たちをご紹介。

まずは、セイヨウタンポポ(笑)
image1.JPG
にぎやかで明るくて、けっこう好きですよ。困ったちゃん外来種筆頭ですが…
そして園芸品種が野生化したやつを拾ってきたら庭で確実に繁殖している「ウズラバタンポポ」
image2.JPG
葉っぱは冬でも枯れないし、なかなか気に入ってますがとにかく増えている。
そしてスミレ。我が家の二大勢力スミレは、
アカネスミレ(?なのかな?)
image5.JPG
と、ムラカミタチツボスミレ(???なのかな?????)
image3.JPG
スミレは種類多すぎてわかりませんな。
そしてちょっと珍しいでしょ? な千本槍(センボンヤリ)。カタバミ軍団に攻められてる(;´Д`)
image6.JPG

今の次期、いちばんきれいかも! ハナニラ
image4.JPG

地味だけどかわいい アケビの花。夏の西日を遮ってくれるように誘引したのでがんばってほしいしだい。
image7.JPG

突然咲いていてびっくりしたよ、ケマン草。タイツリソウともいいます
image8.JPG

増えすぎて困るの、のユキヤナギ。冬場、花芽のついた枝を含めて剪定しまくったので今年は控えめ。
image9.JPG

花壇には水仙が各種。代表して白いラッパズイセンimage11.JPG
お隣にはスノーフレーク
image10.JPG

これもすごく増えるんだけど、ツルギキョウ。紫のアクセント!
image12.JPG

目立たない場所でもったいないんですが、クリスマスローズのチョコレート色。
image13.JPG

去年は一輪だけしか咲かなくて、絶えちゃうかも…と心配したクロユリが、今年はわっさわっさ。つぼみが見えます。
image14.JPG

スズランもにょきにょき、ツボミつきで出てきました
image15.JPG

いまからどんどんにぎやかになります。楽しい季節ですね!
オマケ。この花たちはユキヤナギのぞいて、この春からの新入りです。
https://twitter.com/RyoMugiho/status/853777804302753792














iPhoneから送信
posted by 麦穂 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2017年04月16日

ルージュ・ピエールドゥロンサール(1)

現在、玄関前にバラのアーチを作ろうと目論み中。
お隣さんとの間のフェンスに、10メートルくらいにわたってニュードーンを這わせています。去年の冬、初めて誘引なるものをして、フェンスの幅に満遍なく咲くように頑張りました(記事:ニュードーンの誘引2016)。そのフェンスから続くようにアーチを作りたく。
挿し木苗が順調に育っているので、アーチもメインはニュードーンでいきます。
そして道路側にはのぞみというミニつるバラが2、3メートルくらい茂っていて、
image1.JPG
(奥の黄色〜赤っぽいにぎやかなやつはベビーマスケラード)

今年新たに南側の日よけに育てるつもりでアルベリックバルビエを植えました(記事:アルベリック・バルビエ(1))。
……家を取り囲むバラが、全体的に薄いピンク〜白ばかり。
アクセントに赤がほしくない︎!?
ってなりました。道路側のフェンスとアーチの下部をカバーするつもりで、濃い赤のバラを物色。
農薬を使いたくないので条件は
・病気に強いこと(特に黒星病)
・害虫に強いこと
・耐寒性があること(冬は雪が無くて夜間−10度がザラ)
・花首(ステム)が短いこと
・つるバラ
ニュードーンを片親に持つということで、丈夫さに定評のあるドン・ファンが第1候補。でもステムはけっこう長いみたい。
剣弁咲きが美しいアンクルウォルターもいいけど、シュラブの性質強いみたいなんで仕立てる自信ないなあ、ニュードーンと対比させるためにもミニのレッドキャスケードも素敵…と散々考えて、ミニつるバラがいいかな、と決めて園芸店へ。
苗を見て、全く予定していなかったルージュピエールドゥロンサールを買ってしまった(笑)
それなりに病気にも強いですよーと言われて、カップ咲きのクリムゾンレッドの花を想像したら、「これで!」とお持ち帰り決意してました。ニュードーンとアルベリックバルビエの巨大つるバラに手がかかるので、あまり巨大化しなさそうなところも良いかなって思いました。
天気も良かったので、本日植え付け。
image1.JPG


シュラブ気質のあるつるバラということで、樹形を気にしながら頑張って育てるよ!
posted by 麦穂 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2017年04月03日

アルベリック・バルビエ(1)

去年、いろいろ調べた末に「これだー!」って思って、欲しかったバラ。
ランブラーのつるバラ、アルベリック・バルビエを植えました。
2月に大苗が納品で来てたんですが、関東地方のバラ園さんだったので、いきなり
信州のマイナス10度以下の環境に置くのが不安だったので、夜は玄関に入れていたのです。
玄関でも最低10度以上あるので、春と勘違いしたのか芽が吹いて葉がどんどん広がっていってました。
でも夜はマイナスがつづいているこの3月…
4月に入り、昨日思い切って地面におろしました。下ろしていきなり夜マイナス3度だったけどね!
今朝の様子ではとっても元気。 
数メートルは枝を伸ばすので、来年、再来年の南側の窓の日よけにする予定。

成長記録を上げて行きたいと思います。
……途中で面倒くさくならなければね(笑)

IMG_2170.JPG


posted by 麦穂 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年11月30日

ニュードーンの誘引2016


十数年お庭のバラには(というか庭のことは)ノータッチできたのに、今年はなんだかはりきってるよ!

クライミング・ローズのニュードーンの冬剪定&誘引をやってみました。
本格的に誘引をするのは初めてです。
たぶん、ニュードーンも我が家に植えられて初めての経験となったことでしょう(;´∀`)

夏、花が咲き終わったときに、かなりおおがかりに枝を整理しました。古い枝からなにから
こんがらがってたのを見かねて手を出したんです。それが今年のお庭ライフのはじまり…
それと、10月半ばくらいだったかな? 夏に切った太目のシュートの下がコブになってしまって。

IMG_1755.JPG
IMG_1754.JPG

病気かも、と思ってコブのけっこう下からもう一度切って、ついでに枝整理も少ししてありました。
ここで枝整理をしていなかったら、数日作業になっていた(;^ω^)
太い枝は、切ったらすぐに木工用ボンドをつけてみました。

で、11月23日。
こーんなかんじに、ながーく伸びたシュートがからまって、フェンスの上にかたまっていたニュードーン。

IMG_1903.JPG

強健耐病性アリ、半日蔭OKが売りのニュードーンも、さすがに長年の放置により弱っていらっしゃるご様子…… 
葉もあまり茂らず、ちょぼちょぼ感が。(それでも、ミノムシと黒星病に丸裸にされた
ベビーマスケラードとのぞみに比べれば、たいへんご立派。)

途中経過の写真はありませんが、からまったシュートをトゲと格闘しながらほどき、
地道に誘引作業。フェンスの裏表、上から下までを覆うように配置して麻ヒモでしばりしばり。
夕方暗くなるころにはなんとか作業終了。その夜雪が降って、ぐんと冷えました。
そして翌々朝くらいに撮影。
IMG_1905.JPG

フェンスの内側もこのように。

IMG_1909.JPG

かなり枝に負荷をかける曲げ方をしてしまったところや、若いシュートをあっちゃこっちゃ
引っぱりまわしてしまったりしたところがあるので、
木が弱ってないといいけど(;^ω^) とりあえずは、ぽつぽつと赤い芽が見える枝を
できるだけ水平に広げてみましたよ。
春にきちんと咲いてくれるといいな!

それにしても、ニュードーン先生はトゲがすごすぎてほんと
「ローーーーーズウィップ!」
て振り回してみたくなりましたよ。まじイタイ
posted by 麦穂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年10月28日

植え替え(マダガスカルジャスミン)

庭いじり関係ブログと化してまいりました。
お仕事もちゃんとしてますよ! 昨日改稿作業終わらせたし!

…で、本日はマダガスカルジャスミンの植え替えをいたしました。
母の日のプレゼントだかで、2〜3年前に送られてきたやつ。寒さに弱いのに
一番最後のお手入れとなりました。ここ数日の寒さで、葉っぱしんなりしてるし
若いツルもしわしわしている。
植え替え適期は春〜夏らしいですが、今やるさ。
鉢増しして株を大きくする気はないので、根を整理して減らす作業。
根が減るので負担を軽くするため、元気がなくなっているツルや葉っぱは容赦なく切ります。
樹液に毒があってかぶれるらしいので、ゴム手袋で作業。
そうしたら、……出ましたよ、Gが。さすが東京からやってきただけあるなおまえ。
鉢底でぬくぬく繁殖しておった……川流しにしてくれたわ。
去年は植え替えとかせずに冬、玄関に入れたのですが、Gの発生源はこやつだったのです。
つい先日、この鉢の周辺でゲジゲジちゃんを見たのですが、こいつらを狙っていたのかも。
がんばれゲジゲジ!!!!

今年は花が咲かなかったマダガスカルジャスミン。木の下の半日蔭に置いたせいらしい。
来年、春以降はガンガン日に当てますよ!
今日のスパルタ植え替えで枯れなければだけど(;´∀`)イキロ…



posted by 麦穂 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年10月25日

クンシランと月下美人の植え替え

朝晩の冷え込みが日に日にきつくなってきました。
最低気温が10度を下回る日が増えて、そろそろ寒さに弱い鉢植え植物たちを玄関に
入れてあげる季節。霜がおりると一発KOされるので、霜予報に注意です。

鉢植えたちは春〜秋はお外で過ごしていたので、玄関に入れて虫が出てきても困るので
植え替えて土をきれいにすることにしました。
昨日はクンシラン、今日は月下美人。両方とも植え替え適期とはズレているのですが
まあしょうがない。月下美人はギリギリ適期に片足突っ込んでるかな。
クンシランは根がお化け状態。中央部分は枯れた根がたくさんあったので、かなり落としました。
根の量が3分の1くらいになっちゃったかしら。土の中に虫は見当たらなかったです。
ちっちゃい株があったので、株分けして小さい鉢に入れてみました。
花が咲くレベルまで育てば誰かもらってくれるだろう……
月下美人は根はり良くて、古い根はもちろん、新しい根もけっこう落とすことになってしまった。
鉢底のあたりにナメクジいっぱいいた〜。

両方とも、市販の観葉植物用土6に花野菜培養土4くらいを混ぜた土に植え替え。
肥料はしばらくあげません。培養土に入ってるけど、まあしょうがない(こればっかり)
枯れたら、いい加減な植え替えした私のせいだ。
生きろ!生きてくれ!
posted by 麦穂 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年09月26日

ベビーマスケラード(10/7追記あり)

ミニバラのベビーマスケラードが挿木絶好調です。挿木から約2ケ月半たった苗たち
image-09063.jpeg



image-4cbde.jpeg


元株は黒星病にやられて真っ裸です(T . T)
挿木で増やしたほうは、鉢で育てて軒下管理するんだー。


2016/10/7
先日の台風18号の暴風で、鉢が吹っ飛んで転がり、一番状態の良かったマスケラードの苗が
放り出され…… 根がぽっきりと取れました。折れたんじゃなくて。取れた。取れました。
すごくいい感じに広がって張っていた根で、細くひょろんとした根がかろうじて無事苗につながって
いますが、これ一本で吸水できるかどうか… とりあえず鉢に戻しましたが、元気なくなってきてる気がする(´・ω・`)
二番手の苗は、根が取れたんだかカルスの状態で吸水できてたのか定かじゃなくて、挿し木しなおし。
マスケラードの苗、元気に育っているのが1本だけになってしもうた……
ショックでぎゃあああああああって感じに処理したので、写真撮ってないですショボン
posted by 麦穂 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年08月22日

バラ育成日記(挿木編)最新更新:2016/8/22

image1.JPG
ニュードーンの育成日記挿木編です。適宜更新していきます。

ものすごい適当に、空いていた鉢に土も変えずにブスリとさしました。
2016、7月半ば。挿木してから約一ヶ月。かわいい芽が出て若葉が成長中。風よけの植木に守られた半日陰ですごしてきましたが、風通しよく、お日様が半日ほどあたる場所に移しました。
ただ、手前のほうが若芽にハリがなくなっているような…がんばれ。

翌日です。手前の挿木がやっぱり葉っぱがしおれてきました。清潔な土にかえればまだ生きかえるかな、とダメ元で移植しようと掘り返したところ…
発根しておらず、土のなかの部分から茶色く変色してました。切ってみると上の方まで茎の中央部が茶色くなっていて、挿木失敗。奥のもう一本は頑張っていてほしいです。
写真撮る前に処分してしまったしまった。

2016/07/24 追記
もう一本のほうもダメでした。元気に葉っぱが出て、安定したかなーと思ったから日記に上げ始めたのに(T . T)
発根せず、土中部分から茶色く…
image-f51e7.jpg

image-6a5db.jpg
太い枝だったので、枝に残ってた力だけで発芽していたのかしら。
今回よりはもう少しマトモな土で再スタート。手前左側は「のぞみ」です。
image-091fa.jpg
オマケ。いい加減にブスリと挿して2週間目くらいのベビーマスケラード。
image-e5501.jpg


2016/8/22追記
前回挿し木が腐ってしまって、新しい枝で挿し木(再)してから約1か月たちました。
紙製で土に還るというポットでやってみましたが、底を突き破って根が出ている!
image.jpegimage-56d1f.jpeg
ただし、新しい芽はいっさいなし。
これを、プラスチックの鉢に移植しました。ポットから出す必要がないので、根を痛めたり土環境の急激な変化を心配する必要もなくて楽ちん♪
プラスチックの余っていた鉢に、鹿沼土と培養土を7:3くらいの割合で混ぜて植えてみました。
根が安定してから肥料を足すとか、そういのめんどうくさい(ダメじゃん)ので肥料入りの培養土入れちゃう。 たっぷり水をやって、しばらくは半日陰において、真夏を過ぎたら日向に出してみよう。
来年の春に地面に降ろせるくらいしっかりした苗になっておくれ!
image-ca801.jpegimage-f500a.jpegimage-eda79.jpeg
仮に枝から葉の芽が出なくても、育て続ければ根の方からシュートが出るようになると信じている!
posted by 麦穂 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年07月31日

カミキリムシ

以前、バラの木の所でゴマダラカミキリを見たことありました。
だからもしやと思って警戒してましたら…ついにきた。おがくずのようなもの発見!
image-e7eeb.jpg
カミキリムシの幼虫のフンに違いない。
木の内部を食い荒らすので、木が枯れることもある大敵!
針金で幼虫の潜む穴を探します。発見!やっぱり幼虫が穴を開けていたようです。
image-862f2.jpg
ノズル付きの殺虫剤を買いに走りました。
帰ってきてまた針金を刺してみたら、奥まで入らない!
もしかして奴らは発見されたことわかってて入り口を塞ぐのか︎
でもとりあえず、穴の入り口にノズルをあててプシューっとね
image-a04f3.jpg
漏れた殺虫剤が周囲にまかれて、ものすごい大量のワラジムシが沸いてきて動き回りはじめました。苦しいのかなスマヌ…
ここの土、ちょっと掘り返すとワラジムシダンゴムシミミズがゴロンゴロン出てくるんだよね。分解者がいっぱいいていいことだ。
だからあんまり殺虫剤使いたくないんだけど、カミキリムシ幼虫では仕方ない…
おがくずウンコが出てこなければ駆除成功。しばらく様子見ます。
posted by 麦穂 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとか庭とか

2016年06月22日

新しい夜明け

こんにちわ。先日、ついに商業デビューさせていただきました。
PNは小俣麦穂 です。児童文学がデビュー作になるとは思ってもみませんでしたが、
今はとても「良かった」と思っています。
子どもたちのほっこり成長物語「さっ太の黒い子馬」 よろしくお願いいたします!
君もきっと、子馬が欲しくなる☆ (痛々しい宣伝)

で、新しい夜明けです。かっこつけて自分の現況を説明するとこうなりますでしょうか。
このタイミングで判明した「新しい夜明け」なので、運命共同体になったつもりで
面倒を看てみようと思いました次第。
 …わけわかんないですね。
もう13〜4年になりますが、我が家の庭に繁茂し、ツルを伸ばし続けてえらいことに
なっているバラの木があります。かなり野放し状態で(伸びすぎてお隣に侵入するツルを
フェンスに縛ったり、肥料を大雑把に与えたりは母がやっていた)、古いツルも
ぐるんぐるんにフェンスに絡みついて、ツルバラなのに根元は完全に木であります。
剪定もそんなにせずにいたのですが、毎年、ものすごい数の花が咲きます。
花がつく期間は1か月くらいでしょうか。その間、1000個以上の花が咲きます。
その花が、また上品な薄ピンクで、香りもよいのですよ。
親戚からいただいた苗木がにょきにょき伸びて今に至るのですが、なんというバラか分からなかったんですね。
急に気になりだして、ネットで検索しました。
薄いピンクの花色で、中くらいの花の大きさで…と写真を見ていったら、
似たようなバラがいくつも出てきました。でも、

「これだ!!!!!」

というのがありました。それが、ニュードーン(New Dawn)。
カタカナで書くとなんかアレですが、直訳は新しい夜明け。シルバーピンクの上品な花色、病気や害虫にめっぽう強い頑強さ、日陰・半日蔭でも問題なく育つ成長力、ガンガン伸びる伸長力、そして大きなトゲ。
世界バラ会連合の殿堂入りを果たした最初のつるバラという、すごい品種だったのですよ!
短所ともいえる部分は、トゲがすごすぎるのと、花もちが悪いこと。
たしかに、我が家でも咲きだし〜終了まで、ご近所のバラより短いです。
でも、咲いている間はそりゃあすごいんですよ。

と、急に品格あるバラ様に見えてきたしだい。
ちょっと木も古くなってきたので、思い切った剪定をして、フェンスももっと計画的にツルを這わせてもっと見栄えよくしてみたーい! 挿し木もして増やしてやるぜーい!
と燃えているのでした。

こうして少し調べ始めてみると、病気やら害虫やら気になりだしましてね。
ニュードーンはたしかに病害少ないのですが、他の品種不明のミニバラがかなり深刻な黒点病とわかりまして、治療方法をいろいろ考えているところです。

バラはじめ、蘭とかハーブとか、はまる人の気持ちわかる。
わたくしの手で! 美しく! 咲かせてみせる!  みたいになるの(笑)
そして花が咲いてなくてもかわいい…… めんこい……





posted by 麦穂 at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとか庭とか