2015年12月04日

また少し進んだ


 受賞作をちまちまと改稿すること6稿目。ついに、担当部署の部長に回されました!
 OKが出れば、校閲部に回されるそうな。装画士さんも、担当さんが候補を厳選して
 くださっているとのこと。装幀についての打ち合わせも進めます、とご連絡いただいて、
 ソワソワわくわくです((*'▽'*))
 本の装丁や絵描きさんは、最終的に固まったら「こんなんですけどどうですか?」
という感じに確認させてもらえるそうです。…が、実質は決まってるってことだよね・笑
 同人屋としては、本の装丁や絵はひっじょーーーーーーに気になるので、デザインの打ち合わせに立ち会えないのはかなり残念。

 楽しみ半分、怖さ半分で、そわそわ待っているところです。
 この作品がもし受賞できなくて自費出版で出すことになっていたら、友人H女史に挿絵をお願いしたいよーって打診してあったのです。
 彼女の絵でも、見たかったなあ。
 
posted by 麦穂 at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 文筆業
この記事へのコメント
麦穂さん、こんにちは。
ブログ見つけちゃいました(笑)

どんな絵をつけてもらえるか、とっても楽しみですね! 過去受賞作はどれも素敵な絵がついているので、期待してしまいます。

また遊びにきまーす( ´ ▽ ` )ノ
Posted by 高橋雪子 at 2015年12月19日 01:10
発見されちゃいました!
更新が月に1回あればいい、怠けブログです…

雪子さんの作品を読んだときに、彼らが本当にリアルな子供たちとして映像が浮かんだもので、どんなふうに彼らが描かれるのか楽しみなようなこわいような。

ともかく、挿絵もたくさん入る児童書のこと、楽しみです(*'ω'*)
Posted by 麦穂 at 2015年12月22日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169276424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック